Craftsmen

Interview YOKO TAKAHASHI
プレス〜納品リーダー:高橋 洋子

やり直しが、
一番のロスになる。

大事にしているのはプレスをかける一番初めの時点で、品質の基準を定めることです。プレス機を使用した仕上げは、アイロンで抑えるよりも力が強く形状が残りやすいため、その分注意が必要になります。
スーツに使用するプレスの機は、袖・フロント&背中・肩・襟・袖の内側と形状に沿った専用の機械によって行ないますが、スーツの形はブランドによってもサイズによっても微妙に異なるため、細かな調整を加えなくてはいけません。
最初にかける一着で理想の仕上がりを決めたら、それに合わせて均一の形になるようプレスを施す。ある程度数がいったら、最初と見比べて品質に差がないかを確認し、ものによってばらつきが生じないよう進めていきます。やり直しになることが一番の手間になるため、繰り返しの作業の中で一着一着に緊張感を持って取り組んでいくことが大切です。

"形状を壊さないように"
という意識。

プレスはスーツを完成させる最後の工程になります。布を切るところから始まり、ひとつひとつ人の手が加わえられて出来上がったスーツを、いかに壊さないようにして美しい状態に仕上げられるか。縫製の方が真っ直ぐに縫っても、プレスのかけ方が悪ければその形状を壊してしまうこともあり得るので、そうならないように地の目に沿うようセットしてプレスをかけるという“当たり前”を常に心がけます。
夏物は生地が薄いので、特に気を遣います。最後のアイロンがけを行なうスペースでは湿度の管理もしていますが、その日の天気によって形が崩れてしまうことがあるくらい、生地は繊細です。せっかく形になったスーツを綺麗な状態でお客様の元へ届けるために、しっかりとプレスし、あるべき形状を覚え込ませます。

お客さんのところへ届くのは、
この中の一着。

私たちは一日数百着ものスーツを扱っていますが、お客さんの手元に届くのはそのうちのひとつです。私自身、お店に並んでいるスーツを見ると小さなシワが目がいってしまいます。だからこそ、買う人の身になってどんな形に仕上がって届いたら嬉しいだろうかと考え、仕上げ後の納得感をひとつの基準として大切にしています。
プレス機ににかけた後は、ボタンを付け、納品の検査を経て、手アイロンによる最後の仕上げが行われます。最後の仕上げを担当する時は、これが手を入れられる最後の場所なんだとどこまでも品質を求めたくなります。それくらいスーツは少しのシワが目立つ商品であり、形状の滑らかさが見た印象を決めてしまうので、これからもこだわりを持って丁寧に扱いたいと思います。