[前身頃]ステッチ引き縫い

Date : 2019.01.24

●本動画には工場長の解説がナレーションとして入っています。そちらをお聞きいただきながら技術のポイントをつかんでください

トレンチコートには、様々な箇所にデザイン性を高めるためのステッチが入っています。これが入っているのといないのとでは、仕上がりの印象に大きな差がでます。機能面においても、生地同士をしっかり組み合わせるための仕上げでもあり重要です。特にコートでは、丈の下から首元くらいまでまっすぐにステッチをいれますが、それを途切れさせないように襟元の複雑なカーブに合わせてミシンを入れていくのが特徴です。つづら折りの山道を登っていくかのような動きになり、職人技を必要としています。

さらに重要なのは、まっすぐ縫うだけに見えている部分に「引き縫い」という作業が行われているところです。布にミシンで縫い目を入れていくと、僅かですが生地が引っ張られます。そのまま縫ってしまうと大きな歪みになってしまうのです。そこで、縫った布地を手で引っ張りながらミシンを入れていくと、縫い目はまっすぐに、かつ生地がよれるのを防ぐことができ仕上がりが美しくなります。コートの縫製技術において最も基礎的かつ重要だと言っても過言ではないのが引き縫いです。

tech2_1.jpg

もうひとつこの作業で重要なのが右手の動きです。左手が派手な動きをする一方で、右手は大変堅実な動きをします。縫っていく作業時はどうしても布にシワがよりますが、それをうまくいなしながら縫い目を均一に仕立てます。まさに、司令塔のような動きをしているのが右手なのです。こうした2つの腕の動き、布の見極め、縫い目の仕上がり、すべてを意識しながらスピードと品質を完全に両立させていくまわし縫いは、サンヨーソーイングが誇る技術のひとつです。

実際の縫製は、様々な身体的動作を伴います。それは、各職人の後ろから縫うところを眺めているとわかります。このまわし縫いの特徴は、おおきく肘が上がることです。指を自分の体の方に向けながらテーブルに手のひらをつけてみれば、誰もがその姿勢を体感することができます。ここから手と肘を元の位置に戻していく動作がこのまわし縫いの基本です。

tech2_1.jpg

SANYO SEWING
こちらの工場の詳細についてはこちら

New Movies新着動画

Sanyo Sewingサンヨーソーイングの動画関連情報