[衿]アイロン・仕上げ

Date : 2019.05.20

●本動画には工場長の解説がナレーションとして入っています。そちらをお聞きいただきながら技術のポイントをつかんでください

トレンチコートの衿には人間でいう背筋のような役割があります。すっと伸びていて、軸が感じられると心地よい品格が生まれるため、サンヨーソーイングでは衿の"佇まい"を大切にしています。動画は、身頃に付け加えられた衿が真っ直ぐ無理なく立っているか、首元としっかり馴染んでいるのかを確認しながらアイロンをかけ、トレンチコートの一部として形状をより美しく仕上げているところです。

sanyosewing_eritsuke-01.jpg

トレンチコートの衿は、ボタンを閉めた時にふたつのV字となる「衿羽根」とそれの土台となり身頃と衿羽根を繋いでいる「衿腰」によって作られています。普段の生活で私たちが衿と呼んでいるのは衿羽根の部分ですが、衿を立体的に見せるために重要となるのは、それを支えている衿腰の方になります。

sanyosewing_eritsuke-02.jpg

そのため、衿腰と身頃がずれや歪みがなく合わさっているかを慎重に確認していきます。衿腰が正しい形で付けられていると、その上に乗っかる衿羽根は綺麗に堂々と羽を広げることが出来ます。その佇まいこそが、トレンチコートにおける品格に繋がります。無理に背筋を伸ばさせるのではなく自然とそこに1本の芯が感じられるよう、衿羽根が立っていられるだけの筋力を、形状と縫製、最後の仕上げによって補強しているのです。

SANYO SEWING
こちらの工場の詳細についてはこちら

New Movies新着動画

Sanyo Sewingサンヨーソーイングの動画関連情報