[裏地]針刺し

Date : 2019.05.20

●本動画には工場長の解説がナレーションとして入っています。そちらをお聞きいただきながら技術のポイントをつかんでください

柄のある生地を裁断する時は、柄合わせという重要な工程が生まれます。柄のどの部分を胸元に持ってくるのか、柄は左右対称であるか、商品ごとに違いがないかなど、完成したコートに正しく柄を配置するために、柄の位置を揃えて裁断します。動画は柄を基準にして、一枚の大きな生地を切って重ねて切って重ねて、扱いやすい大きさに裁断しているところです。

sanyosewing_harisashi-01.jpg

柄合わせが、シンプルな作業に見えてとても神経を使う工程である理由のひとつは、生地の持っている性質にあります。生地は糸から出来ています。縦糸と横糸が重なり合い均等に織ることで一枚の布が生まれます。力を加えれば伸びますし、湿度が高ければ縮むこともあります。柄を重ねその微妙な違いを把握することが、最終的な完成度の高さに繋がります。

sanyosewing_harisashi-02.jpg

僅かな差異が積み重なり大きな違いとならないように、目で見て、手で触って、丁寧に形状を整えながら一枚一枚を針で固定します。この工程を何度も繰り返し、大きい布からパーツサイズの布にしていくことで、精度は自然と高くなります。縫製に渡った時には、そのまま縫えば全てのパーツが同じ柄になる。そのために、布とゆっくり会話をする作業なのです。

SANYO SEWING
こちらの工場の詳細についてはこちら

New Movies新着動画

Sanyo Sewingサンヨーソーイングの動画関連情報