[ベルト]菊穴

Date : 2019.05.20

●本動画には工場長の解説がナレーションとして入っています。そちらをお聞きいただきながら技術のポイントをつかんでください

トレンチコートはもともと軍用として開発されていたため、生地には丈夫な素材が使用され、風や寒さを通さないコートとしてウエストと袖口にベルトが付けられています。今回ご紹介するのは、そのベルトのピンを通すために等間隔でつけられている穴の部分です。

sanyosewing_kikuana-01.jpg

この穴は菊穴と呼ばれ、針で開けた穴に布端がほつれないように糸をかがることで出来上がります。「かがる」とは糸を絡めて縛ることを意味し、布の裁ち目がほつれないように縫うことをかがり縫いと呼びます。このようにして出来上がった穴が、菊の花が開いている様子に似ていることから、この穴を菊穴と呼ぶようになったと言われています。

sanyosewing_kikuana-02.jpg

ミシンには、かがり縫いの種類がいくつか設定されています。二重でかがるものもあれば、ジグザグの形が丸いもの、三角のもの様々です。職人はその時の生地に合わせて、どれが相性が良いのかを検証し使う設定を決めます。布は縦糸と横糸によって出来上がっているので、どちらの方向で回すの方が生地にダメージが少ないのかを自分の手で確かめながら見定めていきます。細部にこそ強度を求める事で、本当に丈夫なコートと言えるのだと思います。

SANYO SEWING
こちらの工場の詳細についてはこちら

New Movies新着動画

Sanyo Sewingサンヨーソーイングの動画関連情報